HOME 清水地区 学生協とは 事業概要 お買い物 Q&A リンク集 お問い合せ
創立の精神 清水地区学生協の機構
目標 機構図
(1)児童生徒の家庭環境のいかんによって、児童生徒が日常使用する学用品に優劣の差を生じさせることなく、全ての児童生徒が等しく明るい教育を受けられるようにする。
(2)児童生徒の学用品の内容を、教育観点から専門的に研究して、優良品を安価に供給し、児童生徒の学習活動が能率的に、効果的に行われるようにする。
(3)教育の場において児童生徒の使用する学用品が情実的に購入されたり、営利的に供給されたりすることのないようにする。
県内学用品購買組合の誕生
 県内の学用品購買組合の歴史は古く、大正末期に駿東郡、富士郡に誕生している。
第一次世界大戦後の世界的不況と国内経済の悪化は、農村を不況のどん底におとしいれ、国民の貧富の差を大きくした。 その影響を受け、児童・生徒の中には学用品も買えずに、学校を休む者も出てきた。
こうした窮状を打開する一助として、教育を振興され産業を繁栄させるという理念のもとに、時の郡長・町村長・学校長が協議を行い、児童・生徒に安くて良い学用品が供給できる駿東郡学用品購買組合(大正14年3月14日知事許可)・富士郡学用品購買組合(大正15年1月6日知事許可)を設立したのである。
旧清水市内では、昭和初期、戦前・戦中にかけ、学校内に学用品購買部が開設されていたが、消費生活協同組合法による清水地区学校生活協同組合を、昭和31年9月25日(登記)設立した。
清水地区学校生活協同組合 静岡市清水区小芝町3-6 おしば会館内 tel..054-366-3012 fax..054-366-8674